「売り上げ大幅UP」「集客力大幅UP」で一歩先行くWEBに
2019年10月19日(
-- -- 01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 -- --
有限会社クリコ
有限会社クリコ
弊社では、お客様の事業内容に最適なWEBソリューションを総合的にプロデュースし、ご提供することにより、お客様のビジネスに戦略的なマーケティングを取り入れるお手伝いをしております。
BLOG
記事:1件中:1 件目 〜 1 件目を表示
2007年09月03日(月)映画
昨日の日曜日、久しぶりに大好きな映画を見に行った。
日曜日の20:00開演。僕の予想で日曜日の夜、人々は月曜日に備え、昼間出かけている事もあり、映画など見ないと思っていた。それがパンパン。もう、びっくり。映画は「新世紀エヴァンゲリオン」アニメである。
もう十年以上前に流行したアニメが、パチンコ台?の大ヒットともあってか新しく生まれ変わった。
社会現象までになった当時、僕は毛嫌いしていた。「オタク達よ、何が楽しくて街にですにアニメを見ている、朝早くから映画館に並んで迄ロボットを見たい」と。
それが、一昨年友人に借りて何気なく見たエバにはまってしまった。「こりゃ流行るわけだ」と納得もできた。
人の心をメインに描いたと思われるエバは、今でも同じテーマで十分に流行る事だろう。

映画の内容は置いておいて、僕がとても興味深かったのは映画が終ってエンドスクリーンになってもだれも席を立たないと言う事。というのも、最後に続きの予告があるのである。普通はエンドロール中に何人かは席を立つもの。なぜ人は立たないで最後に予告がある事を知っているか?である。
僕の予想は、そう、下調べしてから映画を見ているという事。ネットなどで調べると最後に次回の予告があるから席を立たないで と言う書き込みがある。それを見ているのだ、きっと。
つまり、それだけこの映画に関しての客層はネットを日常的に使用していると思われる。すごい、そんなにネットの世界はテレビとそこまで変わらない情報手段になっているのだ。
いやぁ凄い。いろんな意味で、有意義な時間だった。